2017/04/23

休日に聴くポップ・ミュージック8

・Wake Up, Girls! 「恋?で愛?で暴君です!」(作曲:田中秀和  作詞:畑 亜貴)
・鹿乃 「day by day」(作曲:田中秀和 作詞:鹿乃)
・V6 「GOLD」  (作詞作曲:真部脩一 編曲:トオミヨウ)
・佐藤ひろ美 「Forget-me-not」(作曲:長瀬五郎 作詞:片岡知子)
・山田晶造 「サザエの家」

感想おおめに、5曲聴いてみます。

■1. Wake Up, Girls! / 恋?で愛?で暴君です!

作曲はMONACAの田中秀和さん。アニメ「恋愛暴君」のOP曲です。
イントロがめちゃめちゃ面白いですね! 無理やり聴きとってみます。

以下続きます。話半分でどうぞ。


2017/04/21

数人におすすめしたい、洋楽アルバムの意欲作 3枚

万人とはいかないかもしれませんが、
数人におすすめしたい洋楽アルバムを3枚選んでみました。

綺麗なコードワーク・コーラスワークや、
曲を最後まで聴くことで発見がある(伏線回収する)音楽が好きです。
紹介文をたっぷりめに書いてみました。

   1. Cold Crows Dead 「I Fear A New World」
   2. Giorgio Tuma 「My Last Tears Will Be A Blue Melody」
   3. The Sonic Executive Sessions「The Sonic Executive Sessions」

各アルバムにつき、2曲ずつ紹介します。
話半分でどうぞ。



1. Cold Crows Dead 「I Fear A New World」 (2014)

■1-1   Cold Crows Dead - Deadheads
ブリットポップがお好きな方にお勧めです。
あまりにも素敵なので、これがデビューアルバムなわけないと思ったら、
Paul Steel の新しいプロジェクトだそうです。

冒頭を聴くと、普通のバンドサウンドかなと思うのですが、
サビ(0:27-)で急にリズム隊が消え、
伴奏がストリングスに変わって、一気に引き込まれます。
サビのフレーズ(「ソミ・ソミ」)が印象的ですね。

このサビ部分を使って、最後に大きな仕掛けがあります。
調の移り変わりを見てみましょう。

0:00      0:27        0:42       1:06
Ab         F(サビ)      Ab          F
      -3             +3            -3    

        2:06       2:18        2:30        2:42
        F#          G            Ab           A
+1          +1          +1            +1    

前半はキャッチーな短三度転調(±3)を繰り返します。
サビでグッとくるのは、短三度下転調の効果だったのですね

後半はサビ部分を繰り返しながら、
4回連続の半音上転調(+1)が続きます。聴いてて嘘だろ……ってなりました。
「ラストサビの半音上げは盛り上がるから、何度もやっちゃえ」ですね。
素晴らしいアイデアです。


こんな感じで、以下続きます


2017/04/16

休日に聴くポップ・ミュージック7 (ときめくペンタトニック)

ペンタトニックスケール(ドレミソラ)のメロディーが大好きです。
今回は、ペンタトニックの素敵な曲を並べてみます。10曲です。

一般的には和風・中華風といった感じの雰囲気をつくったり、
ロックなギターソロをつくったり、歌謡曲の感じをつくったりで使われます。
素朴で親しみやすいメロディーですよね。

■1. 玖玲p - 暗恋进行时

作曲は玖玲pさん。すてきなサウンドです。
中国のbilibili動画で曲投稿されている渋谷系フォロワーの方だと思います。
要所のb9thコードが気持ちいい。
歌は泠鸢(yousa)さん。この可愛い中国語、惚れ惚れします。

同じコンビの作った「潑墨漓江」も素朴な旋律が美しい曲です。
中国風なペンタトニックって、和風とも違っていいですよね。
冷鳶さんのボーカルに惹かれる方は、こちらの曲もおすすめ。なごみます。

以下続きます

2017/04/15

ざっき。バンド「集団行動」のライブ観ました

4/14に渋谷O-EASTであった「CONNECTONE NIGHT ver. 1.5」にて
バンド「集団行動」の初ライブを見てきました。
めちゃ良かったです!
https://www.syudan.com/

集団行動のメンバーは、
齋藤里菜(Vo)・真部脩一(Gt)・西浦謙助(Dr)の三人で、
この日はサポートメンバーでKeyとBaの方がお二人参加されていました。
メンバー募集中だそうです。

以下、ライブレポはどなたかにお任せするとして、
印象を書いてみます。
話半分でどうぞ。


2017/03/20

真部脩一(ex. 相対性理論) のペンタトニックスケールを解析してみよう

今回は、元・相対性理論のメンバーで
タルトタタン・ハナエのプロデュースなどで活躍する真部脩一さんの
ペンタトニックスケール」(メジャーペンタトニック)を取り上げます。

「ドレミソラ」の5音で出来ており、「ファ」と「シ」が無いのが特徴です。
メロディーの使用例は下記です。独特で可愛い旋律ですよね。

・相対性理論 - チャイナアドバイス


「真部脩一さんの作曲は、どのくらいペンタトニックっぽいのか?」
「ペンタトニックの並べ方に特徴があるか?」
を調べてみたいと思います。

また、現・相対性理論の解析も、記事の最後にのせました。

少し実験的な内容なので、話半分で読んでみてください。
以下、続きます

2017/02/26

休日に聴くポップ・ミュージック6 (静かでしっとりした音楽)

昨日の渋谷WWW XでのLampのライブ、めちゃ良かったです……。
Lampの音楽を聴くと元気がでてきます。

今日は、静かめな(でもポップな)音楽を選曲してみました。
9曲です。

■1. 依田芳乃(cv高田憂希) - 祈りの花


バンダイナムコ・トリ音さんの新曲。開始5秒でトリ音さんですね。
和風っぽく、4度や5度の空虚で落ち着いたコーラスが満載です。
サビ2小節目に対旋律が半音上行するところ! めちゃきれいです。
難しいですが、こんな感じでしょうか。

1:21-

そらたか    く       ささげま
V7(b9,13)     IIm9

す               い          の

V7b5(13)    V7(b9,13)   V7#5     V6(9)

り        こめて    このうた

 I△7        VIm7

は         とどきますか

IIm9   I△7/III        VIsus4add9    VI7sus4     VI

2小節目、

内声のb5→5→#5→6という半音上行を丁寧に波乗りしつつ、
一瞬の隙をついて左chのギターがb9thの切ない響きを加えます。
たぶん、響きが埋もれないように、0.75拍遅らせて入れているのですよね。
すごいです。

もちろん、聴いているときにはこんな風には露ほども思わず、

ただただ和音の波に圧倒されてしまいます。

以下、続きます。話半分でどうぞ。


2017/01/22

休日に聴くポップ・ミュージック5 (凝っててキュートな音楽)

ちょっと凝ってるハーモニーから、難しめの作曲まで、いろいろ聴いてみます。
特にキュートな感じのものを10曲並べてみました。


■1. Jake Sherman - Let's Be Friends

めちゃいい曲! ずっと聴いていたいです。
作曲はジェイク・シャーマンというアメリカ・ブルックリンの方。
何回聴いても0:49-のハッピーな解放感がたまらないです。一気にファンになりました。

映像も超かわいい。こんなに音楽とシンクロするMVは観たことないです。
Dylan Aielloという方の作のようです。
和声・リズム・アレンジが、色彩やアニメ速度、波・鳥・魚・雲・島に置き換わっています。

視覚を通じて、複雑なアレンジが直感的に伝わってきますね。
このMVは最高の「音楽レビュー」の形かもしれません。

ジェイク・シャーマン、まだ日本語の記事が一個もないみたい……なので、
これから応援したいです。


以下、続きます

2017/01/09

田中秀和さんのスケールを聴いてみよう

MONACA・田中秀和さんの書いたメロディーを聴いていると、
この音符が好き、とか、不思議と耳に残る、というところが出てきます。

そういう箇所には、特殊なコードだけでなく、
特殊なスケール(音階)が使われているかもしれません。

今回は、田中さんの使うスケールをちょこっとみてみます。
僕の勘違いも多いと思うので、話半分で読んでみてください。

■目次

  1. HMP5Bスケール
  2. メロディックマイナースケール系
     2-1.  ミクソリディアンb6thスケール
     2-2. リディアンb7thスケール
  3. ホールトーンスケール
  4. おわりに

**

以下続きます。
(移動ド、ディグリーネームで書いています)