2017/07/05

集団行動の1stアルバム『集団行動』を聴こう

バンド「集団行動」の1stアルバム『集団行動』を聴きます。
「集団行動」は、真部脩一、西浦謙助、齋藤里菜の3人からなるバンド。
『集団行動』は、近年稀にみる、超ステキなデビューアルバムです。

彼らの作るポップスの、入門編かつ最高傑作だと思います。
大好き。



「集団行動」というグループの好きなところを挙げてみると、
こんな感じです。

1. 明るく楽しいところ
  すてきなポップ・ミュージックをつくるぞーという単純な熱意が感じられます。
  齋藤里菜さんの前向きな人柄にほだされたのかも。
  ライブとかで演奏を観ると、楽しそうでキラキラしてます。
  今後の戦略が全然なさそうなところも素敵。 

2. 過去の活動を肯定しているところ
  今までの活動の反動ではなく、
  今までの素晴らしい作品群に、もっと名作を加えようという姿勢が好きです。
  相対性理論も、タルトタタンも、ハナエさんプロデュースも、
  Vampilliaも特別な作品で、それがちゃんと肯定された感じがしました。
  (もちろん、進行方向別通行区分もそうですね)

3. しゃべるところ
  自分の言葉で、作品のことを語りはじめたところが好きです。
  今までは、ファンは数少ない情報を魚釣りのように待っていたけれど
  集団行動は情報がいっぱい飛んでくるのが単純にうれしいです。
  待望の西浦さん参加のインタビューも出ました。
  http://natalie.mu/music/pp/syudan

  めちゃいいインタビューですね。なぜか感動しちゃう。



以下は、音楽的に好きなところのメモです。
のんびり書いていたら分量が増えてしまったので、
お時間あるときに、音源片手にお読みください。

2017/06/28

ざっき

引っ越し終わって落ち着いてきました。
今週末にネット開通するので、ぼちぼち更新再開できそうです。

集団行動のアルバム、めっちゃ好き……
この不思議な引力は何なんでしょうね。延々と聴いちゃいます。

2017/06/05

休日に聴くポップ・ミュージック10

6月中に遠方に引越しするので、準備中です。
(休日じゃないけど)ちょっとだけ更新しますね。
6曲聴いてみます。

・集団行動 - ホーミング・ユー
・FITNESS FOREVER feat. KIDSAREDEAD - Tonight
・Louis Cole - Blimp
・泠鸢yousa - 窝要宣李白
・東京ハイジ - モモモ・モッツァレラ星人アゲイン
・東京ハイジ - ステップのうた 〜シャカフリソング〜

■1.集団行動 - ホーミング・ユー
真部脩一さん、西浦謙助さん、齋藤里菜さんの新バンド、集団行動。
ついにMV公開ですね。走る走る。

斎藤里菜さんの芯の通ったボーカルを中心に、
ギター・シンセ・ベースで、独立した真部メロディーが同時展開します。
複雑になりそうなところを、西浦さんのリズムがぎゅっとまとめます。

コンセプトは、
『本アルバムでは、規律のとれた一糸乱れぬ集団行動ではなく、個人的な行動の連続によってできた集団行動の妙がテーマになっている。』
だそうで、旋律いっぱいの多層的なサウンドにぴったり表れていますね。

多分、音楽で「複雑系」を作ろうとしているんですね。
簡単なモチーフや、独立したエージェントの相互作用で、
思いもよらない機能が生まれるような。
真部さんはいつも発想が飛んでて素敵。アルバム期待しちゃいます。

僕が好きなところは、
サビ1 (0:59)はシンプルに、ラストサビ(3:06)では、
ギターがイントロのリズム(てってれって)を重ねて演奏しているところ。
こういうアレンジに嬉しくなります! 帰ってきた感じがしますね。
過去記事:相対性理論の音楽から、シンプルなアレンジを学ぼう

↓こちらでホーミング・ユーの細かい感想を書きました。
過去記事:ざっき。バンド「集団行動」のライブ観ました


(2017/06/06 追記)
ラジオで新曲「バイ・バイ・ブラックボード 」「土星の環」が聴けました。

・バイ・バイ・ブラックボード
なにこの良い曲……。天才かも。テンポチェンジが美しい曲。
Aメロを基準とすると、サビで1.5倍にテンポが伸びます。
(bpmが2/3になります)
西浦さんが天才かも。

この曲はポリリズムがメチャ美しくて、ラストサビでは、
テンポチェンジ前と同じ速度のギターリフを突っ込んでいます。凄い。
そんなことができるんだ。
16ビートから、16ビートの3連(24ビート)に変わります。

ライブの印象で、「東京ミシュラン24時」がいちばん好きかと思ったけど、
この曲も好き。なんていい曲なんだろう。
齋藤里菜さんの早口なフレーズがツボなのかも。

この曲聴くと、齋藤里菜さんがボーカルに抜擢された理由が、
真部脩一さんが惚れた理由がすごく分かります。この声のための曲。
バイ・バイ・ブラックボードの視聴音源も欲しい…


・土星の環
これもまた思い切った曲! 原点回帰で嬉しくなります。
全編が超シンプルなコード(IV  V  VIm  I)と
ペンタトニックだけで組まれています。

モノクロな構成のなかに細かい動きがあって、二色独楽みたいなほのかな色味。
中間部「土星の環~」からの、西浦さんの快演が気持ちいいです。
手数は多くないのに、一つ一つ力強い音で耳を奪われます。

サビは、4度(5度)で真部コーラスが重なって
齋藤里菜さんの厚いボーカルがめちゃめちゃ良い。

ツボ。
アルバム、すごくいい予感がします。

***

以下続きます。

2017/05/15

作曲が面白いゲーム・アニメソング(ちょっぴり電波)

今回は、ゲーム・アニメソングを取り上げてみます。10曲です。
ちょっぴり電波っぽいものも選んでみました。
自分の好みで、バンダイナムコとコナミが多めです。

■1. 山形まり花(日高里菜)/芽兎めう(五十嵐裕美) - ちくわパフェだよ☆CKP

作曲はARMさん。サビのコードはTOMOSUKEさんも入っているそうです。
複雑で美しいですね……。サビ部分を聴きとってみましょう。

以下続きます。間違い多いと思いますので、話半分でどうぞ。


2017/05/07

休日に聴くポップ・ミュージック9

今年もGW終わりですね。
オールジャンルで、10曲きいてみます。

■1. Young Gun Silver Fox - In My Pocket
Mamas Gun のフロントマン、アンディ・プラッツの新プロジェクトだそうです。
0:47からの流れが最高です。サビ前→サビの作り方が素敵。
サビ前0:53の変てこな和音は、#V7 / #IV でしょうか。
V7/ IV にするところを、一瞬だけ半音上げ転調した形っぽいですね。

他の曲では「Distance Between Us」が好きです。
冒頭を聴いてのんびりした曲かなと思ったら、
ポップすぎるサビ0:50でうれしくなります。

以下、続きます