2016/07/18

バンダイナムコ、MONACAの新曲聴きました

トリ音さんの新曲があまりにも好みだったので、連日更新してみます。

『空と風と恋のワルツ』 『だから今夜きみと』 『8月のマリーナ』の3曲を聴きます。


■小日向美穂(cv津田美波) - 空と風と恋のワルツ

バンダイナムコ・トリ音さんの作曲。
惚れ惚れする良い曲……。こんないい曲あるかな。

トリ音さんの作曲は、先の記事のフランス近代音楽にも近い感触がありますね。
個人名義のアルバムでも、
ラヴェル『亡き王女のためのパヴァーヌ』をカバーされておられます。

これだけ転回形を多用しても固くなりすぎず、めちゃポップです。
以下、少し中身もみてみます。

2016/07/17

ポップス好きのための「フランス近代音楽」

休日に、フランス近代音楽を聴いてみます。20世紀の器楽曲。

普段はクラシックを聴かない方でも、
キャッチーなフランス音楽はわりとツボにはまるかもしれません(僕のことです)。

軽快で可愛げがあるので、ポップス好きにとてもお薦めです。
和音のお手本になるかも。
試しに聴いてみてください。


■1. Maurice Ravel - Piano Trio

モーリス・ラヴェル『ピアノ三重奏曲』(1914)の第四楽章。
音の重ね方が巧すぎて、3つの楽器のはずなのに多彩な音がします。
ラヴェルのペンタトニック寄りなメロディーがめちゃ好き。

以下続きます。

2016/06/26

休日に聴くポップミュージック その2

キラキラした感じを多めに、好きな曲を並べてみました。


■1. Lemon Jelly - Space Walk
ほっこりする良い曲です……。ずっと聴いていたい。
「宇宙遊泳」というタイトルですが、子供の頃に夢見たようなキラキラした宇宙観です。
ゆっくり聴いてみてください。1:15のドラムパターンでおおっと思いますよ。
5:59-で、冒頭のピアノが回帰するところ、感動です。

続きます↓

2016/05/14

休日に聴くポップミュージック

ノンジャンルでお気に入りの音源を並べます。
GW明け最初の休日って不思議と嬉しいですね。


■1. Monkey House - December Girls
素晴らしいSteely DanフォロワーのMonkey House。
凝ったハーモニーに彩られながら、メロディーは素直できれいです。
この曲で一番好きなのは2:10の間奏部。聴いてて幸せ。
ここだけずっとル―プで聴いていたい。

以下、続きます。


2016/05/02

攻め攻めで楽しい音楽(耳コピつき)


いつものように、ノンジャンルで好きな曲を並べてみました。
(16/05/02 シオカラーズの新曲がとても良かったので追記しました。)

■1.Snarky Puppy feat. Knower & Jeff Coffin - I Remember

作曲はKnowerのお二人、ドラムのLouis Coleと、ボーカルのGenevieve Artadi。
変な服に笑っちゃいますが、演奏/作曲技術の高さはずば抜けていますよね。
Dirty Loopsお好きな方にお勧めです。

最近は、Knowerの「Life」というアルバムを何度も聴いています。
EDMのアルバムかと思いきや、
8曲目「More Than Just Another Try」が、とても美しい女声合唱曲です。
コーラスワークだけみても天才的なので、Take6が好きな方にもお勧め。幅広いです。

以下続きます。