2018/05/16

ざっき。

ちょっとだけ更新します。Lamp、ayU tokiO、Paul Steelです。

■Lamp - 1998

Lampの新譜『彼女の時計』を聴いています。
言葉にならないほど素晴らしいです。Lamp大好き。
まだひととおり聴いただけですが、するするっと心に入り込みます。
座右のアルバムにします。

メロディーは素直で甘々で美しく、
コードは転回形が多くて、どの曲も優しい響き。うるうるっとしました。
ゆっくり聴いて、感想かいてみます。


■ayU tokiO - あさがお

ayU tokiOさんの新曲。
1:26 ホールトーンスケールの合いの手を取り合わせるのが面白くて素敵です。
7/25に2ndアルバムでるのですね! 楽しみ。


■Paul Steel - Music Makes Me Feel So Alone

いまふと見たら、
ポール・スティールの新作EP『Carousel Kites Pt. 1』が出てました!
凝ったポップスの黄金律が詰まってます。傑作!
めちゃめちゃ良いEPなので、こちらもまた改めて紹介したいです。

1:15-「Music Makes Me Feel So Alone」の連呼で、
曲が少しずつ盛り上がっていきます。遊び満載のアレンジ。



Paul Steel の別プロジェクト、Cold Crows Deadも素敵なのでおすすめです。
下記で紹介しました。
数人におすすめしたい、洋楽アルバムの意欲作 3枚


2018/05/07

気になるポップ・ミュージック (18/05/07)

のんびりと好きな曲を並べます。

1. Lamp - 車窓
2. ELRIS - Roopretelcham
3. YeoJin - Kiss Later
4. 集団行動 - 鳴り止まない
5. Foxygen - Follow the Leader
6. Foxygen - America
7. Banda Magda - Tam Tam
8. Banda Magda - Coração
9. ヤバイTシャツ屋さん - 鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック
10. ヤバイTシャツ屋さん - 肩 have a good day -2018 ver.-
11. The Lemon Twigs - Tailor Made
12. The Lemon Twigs - How Lucky Am I?


■1. Lamp - 車窓

いよいよ5/15のCDアルバム発売が近いですね!
このあいだラジオで公開された、
「車窓」「Fantasy」「1998」「ラブレター」は録音して、
車でずっと聴いてます。めっちゃ良い……。
口ずさめるようになりました。

車窓は染谷大陽さん作曲。
過去作である「恋人と雨雲」「6号室」のように、
一人ずつ順番に歌って最後にユニゾン、
そして(たった5音の)ハモリに着地する構成にじーんときてしまいます。
「さち子」で使われた6拍子のささやかなポリリズムも足されていて、
夢のようにいい曲。

僕はLampの作品の中では、
地味めな「ランプ幻想」が一番好きなのですが、
「彼女の時計」はそれを塗り替えてくれるような予感がします。

続きます


2018/04/08

気になるポップ・ミュージック (18/04/08)

すてきな音楽を並べます。10曲です。

1. みみみレコーズ feat. さばぷりん - なせそ(NOT TO DO SO)
2. boy pablo - Losing You
3. THE FEARLESS FLYERS - Ace of Aces
4. Mamas Gun - You Make My Life A Better Place
5. 川島瑞樹(cv:東山奈央) - Dreaming of you
6. GYARI - 何でも言うことを聞いてくれるアカネチャン
7. Tom Misch - Disco Yes (feat. Poppy Ajudha)
8. Courtney Barnett - Nameless, Faceless
9. さとうもか - 左耳のネコ
10. Brent Cash - Dear My Friend


■1. みみみレコーズ feat. さばぷりん - なせそ(NOT TO DO SO)

みみみレコーズの可愛い渋谷系ポップス。
作曲は石井智大さん。作詞はJacky(芝浦慶一)さん
石井さんは東京藝大出身の方で、お一人で楽器演奏からアレンジまで
全てされているそうです。凄い。
歌唱は さばぷりんさん。3:20-の鼻声が好き。

0:32-
猛勉強       してマスター    しましたのです
    IIm7       V△7           VI△7

ドミナントをメジャーセブンスに変える進行があるんですね。
予想外で素敵な響き。

カタコトの現代語と、丁寧な古語をつかった歌詞も雰囲気に合っててかわいい。
↓作詞家さんのページです。現代語訳付き。
https://twishort.com/Ke9mc

以下続きます

2018/04/02

ハイ・ラマズ (The High Llamas) のリピートする世界

イギリスのバンド、ハイ・ラマズの「リピート芸」を聴いてみましょう。
甘々でミニマルな世界です。全部で8曲紹介します。

聴いていると、わけわからない感じになってくるので、
まずはBGMとして、流しっぱなしにしてみてください。
普通のポップスにあまりない風味がします。


■1. The High Llamas - Calloway

まずはリピートの雰囲気がわかりやすいこちらの曲。
(4拍+3拍+4拍+3拍)のモチーフが繰り返されます。

以下、何秒間くらい繰り返されているか書いてみますので、
お暇な方は追ってみて下さい。

リピート区間:
① 0:00 - 0:33   [ 0'33" ]
② 1:00 - 1:32   [ 0'32" ]
③ 2:09 - 2:41   [ 0'32" ]
④ 3:18 - 4:40   [ 1'22" ]
序盤・中盤に、30秒ずつのリピートが3回あり、
終盤に長めのリピートが始まります。

この、いつの間にかリピートしている感じが良いんですよね。
パターン入った! って心地がします。

ハイラマズのリピートは、
おおむね1-2小節の小さな単位が延々と繰り返されるのですが
完全に同じ演奏が続くだけではなく、
楽器が増えたりアドリブが入ったり、徐々に色味が変化するのも魅力です。

以下続きます。下に行くほどリピートが長くなります。


2018/03/18

気になるポップ・ミュージック (18/03/18)

好きな曲を並べてみます。今年はイイ曲いっぱいで嬉しいですね。

1. Orangeade 『Orangeade』
2. 水瀬伊織、双海亜美、双海真美、星井美希 - 星彩ステッパー
3. ミシャラ - 君と夜のアンチノミー
4. ジェニーハイ - 片目で異常に恋してる
5. 神楽坂砂夜、風町陽歌、クロエ・ルメール、櫻井明音、椎名心実、村上文緒
  - Precious Memories
6. アナスタシア、五十嵐響子、依田芳乃 - 桜の風
7. Toninho Horta - Manoel, O Audaz
8. さとうもか - Lukewarm
9. Winona Forever - Heads or Tails
10. Winona Forever - Cellphone


1. Orangeade 『Orangeade』
バンドOrangeadeの1stシングル「Orangeade」が
めちゃめちゃめちゃ良くて、一か月ずっと聞いていました。
http://orangeade.love/
現在は通販品切れ中のようですが、
きっと流通版とかアルバムとかで収録されると思うので、期待して待ちましょう。
(紹介遅くてごめんなさい)



Orangeadeは黒澤鷹輔、北園みなみ、佐藤望の3人組バンドです。
北園みなみさんがバンド組まれるとは驚きですね!

北園さんと佐藤さんは、「婦人倶楽部」でもタッグを組んでいましたが
そこにボーカル黒澤さんが加わって、夢のように良いバンドができました。
いまのところ視聴音源がないのですが、ちょこっと感想だけ書きます。

以下、続きます。