2016/09/10

大人も楽しい 「おかあさんといっしょ」名曲集

NHK「おかあさんといっしょ」の中で、
特にハーモニーが美しいと思う楽曲を集めてみました。

大人の考えた「子ども観」の押し付けではなく、
普遍的な音楽の楽しさ・美しさを子どもに聴かせたい、という姿勢がとても好きです。


■1. 夢のなか

作曲は渋谷毅さん。
素晴らしいハーモニーです……。きっと一生好きな歌。
0:15- このホルンの上行する対旋律の美しさ。
1:03の間奏部、メロディーラインに寄り添う弦の細かい動きがたまらないです。

以下続きます


■2. あめふりりんちゃん

作曲は栗コーダーカルテットの栗原正己さん。かわいいサウンドの伝道師です。
0:33- ひねったコードワークも素敵。
0:44から加わるチューバのベースがめちゃ好き。心が跳ねます。


■3. 雲の手紙

作曲は斎藤ネコさん。(椎名林檎さんとの共作でもお馴染みですね)
冒頭や0:22-での、駆けまわるハープが無邪気でかわいいです。
最後の1音だけさらっとハモるのもすてき。


■4. 虹の色とお星さま

作曲は元カシオペアの神保彰さん。編曲は弓島小夜さん。
このプレイリストでは最もポップスっぽいですね。いいサビ!
0:12、0:23、0:42、0:54に経過的に差し込まれる、#IV上のコードが美しいです。


■5. ちいさなおふね

作曲は福田和禾子さん。
1:04の早いフレーズは4度上行・5度下行の繰り返しで組まれています。気持ちいい。
1:13からのベースの半音下降も美しいです。
お兄さんの声がすてき。


■6. ゆめをひとさじ

作曲はジャズピアノ・キーボート奏者の菊池ひみこさん。
0:34-サビの裏で鳴っているピアノがキラキラと転がっています。
2番からのフルートアレンジがカッコいい!


■7. いっこ にこ さんこ しっこ

作曲は元ザ・スクエア(T-SQUARE)の長谷部徹さん。作詞は弥勒さん。
弥勒さんの歌詞が可愛い。
そこに弦の豊かな響きが重なって、よいコントラストをつくっています。
こんな優しい作品が作れる大人になりたいです。


■8. ドレミファれっしゃ

作曲は乾裕樹さん。
こんな複雑な音作りの曲をエンディングにつかってたんだ。すごいです……。
演奏もめちゃめちゃうまい……。

1:24から、恐ろしく凝ったコードワークです。スティーリー・ダンみたい。
頑張って聴きとってみます。


1:24-   key:C

トンネル くぐれ         ば    
I           VII7 /bIII      IIIm7     I7(13)

さよならえきだよ
IV6               bVII7(9,13)      bVII7(9)

やくそく  げんまん      ポポッ  ポー
I/V        bIIdim / V       IIm      bIIIdim7

    また  あそ        ぼ          
V7(9)       V7(b9)     I     bIII69    II7(9)   bII△7(9)    I


簡単で歌いやすいメロディーラインに、この和音付け……。
圧倒されます。

「やくそくげんまん~」は
パッシングディミニッシュでの半音上行を、転回形に置き換えた形ですね。
dimなのに、augクリシェを思わせます。

最後の5つのコードは、
メロディーのドをペダルポイントにして移り変わっていきます。




「おかあさんといっしょ」の楽曲は、
男女ボーカルで、メロディーが覚えやすくて、和声がきれいで、
一曲が短くて(~2:00)、歌詞がアイデア満載で……。
とてもツボです。

今回紹介した渋谷毅さん、斎藤ネコさん、福田和禾子さん、乾裕樹さんは
東京芸大出身の方だそうです。
おかあさんといっしょは、堅実で美しい作曲に支えられているのですね。

そのうち、「みんなのうた」もまとめて聴きたいです。
名曲いっぱい。

0 件のコメント:

コメントを投稿