2016/08/27

休日に聴くポップ・ミュージック その3

■1. 椎名林檎 - ちちんぷいぷい

リオオリンピック閉会式のトーキョーショーで使われていた原曲。
この曲、歌詞とコードが完璧に呼応していて感動的です。

・0:40-、1:34-  サビは弱めのコード進行。
("そう最初はフェイクでいいのよ 最後にモノホンにしてしまえば")

・2:05- 強進行(251・ツーファイブワン)を落ちサビ風に予告。
("さあ此処からは止どめ! ご覚悟")

・2:18- サビで、強進行(251)を高らかに響かせる。
("251ならばちょっとひと捻り DIAM. に変えて") …DIAM.のところでdimコードが鳴ったり。

・2:32- 長二度上転調(キー+2) で更に盛り上げる。
("高飛びするわ +2 何処へ飛んで行くべきかも わたしには判っているの")


最後の歌詞はかっこいい!
ここは絶対+2転調しかない、という直感があるんですね。
「ちちんぷいぷい」=音楽は魔法、という歌かなと思います。



以下、ノンジャンルで気に入った曲を並べます。