2016/07/18

バンダイナムコ、MONACAの新曲聴きました

トリ音さんの新曲があまりにも好みだったので、連日更新してみます。

『空と風と恋のワルツ』 『だから今夜きみと』 『8月のマリーナ』の3曲を聴きます。


■小日向美穂(cv津田美波) - 空と風と恋のワルツ

バンダイナムコ・トリ音さんの作曲。
惚れ惚れする良い曲……。こんないい曲あるかな。

トリ音さんの作曲は、先の記事のフランス近代音楽にも近い感触がありますね。
個人名義のアルバムでも、
ラヴェル『亡き王女のためのパヴァーヌ』をカバーされておられます。

これだけ転回形を多用しても固くなりすぎず、めちゃポップです。
以下、少し中身もみてみます。

2016/07/17

ポップス好きのための「フランス近代音楽」

休日に、フランス近代音楽を聴いてみます。20世紀の器楽曲。

普段はクラシックを聴かない方でも、
キャッチーなフランス音楽はわりとツボにはまるかもしれません(僕のことです)。

軽快で可愛げがあるので、ポップス好きにとてもお薦めです。
和音のお手本になるかも。
試しに聴いてみてください。


■1. Maurice Ravel - Piano Trio

モーリス・ラヴェル『ピアノ三重奏曲』(1914)の第四楽章。
音の重ね方が巧すぎて、3つの楽器のはずなのに多彩な音がします。
ラヴェルのペンタトニック寄りなメロディーがめちゃ好き。

以下続きます。